ナビゲーションスキップメニュー

うめぼし菓子伝承館

 

なりわい

松葉堂まつむら

開館時間/9時~17時
閉館日/原則無休


明治時代から四代、100年以上の歴史を持つ老舗の和菓子屋。店頭に大きく飾られた檜の看板は、大正4年10月23日、大正天皇が黒石町を訪問された際に宮内省御買上の御光栄を賜ることを歓迎して作られたものです。津軽の梅干しに似ていることから命名された銘菓「干梅(ほしうめ)」は、とろけるような白あんを求肥(ぎゅうひ)と県産赤じそでていねいに包み、砂糖をまぶして完成させる上品な味わい。塩味のきいた最中、上品な味わいの羊かんなど、商品はすべて委託販売していないため、ここでしか手に入らないものばかりです。