ナビゲーションスキップメニュー

中世陶芸の郷 烏城(うじょう)焼

古常滑経塚壷

(平安時代)

古伊万里蛸唐草徳利

(江戸時代)

黒石市豊岡地区の山の斜面にある「中世陶芸の里・烏城焼」は、平成8年10月にオープンしました。代表者である陶芸家の今井理桂(りけい)氏が焼き上げた烏城焼が展示されている自然釉(ゆう)ギャラリーのほか、古陶磁館、三筋(みすじ)工房窯場で構成されています。

 

自然釉ギャラリー

70mの大登り窯「飛龍窯」(栃木県足利市)と100mの大登り窯「臥龍窯」(新潟県柏崎市)を焚き上げ、また新たに作りあげた103mの大登り窯に火入れを目指す、今井理桂氏の自然釉の逸品を展示し、烏城焼とともに販売もしております。

 

※自然釉・・・粘土の鉄分と赤松の灰が高温で融合したもの

 

古陶磁館

世界に誇る縄文文化発祥の地である青森県で、自然釉にこだわった焼物づくりを続けている今井理桂氏が、作陶の模範とするため蒐集した、六古窯と蛸唐草を中心とした古伊万里を展示しています。

六古窯・・・備前、信楽(しがらき)、常滑(とこなめ)、越前、丹羽、瀬戸

 

三筋工房窯場

世界に誇る縄文文化発祥の地である青森県で、自然釉にこだわった焼物づくりを続けている今井理桂氏が、作陶の模範とするため蒐集した、六古窯と蛸唐草を中心とした古伊万里を展示しています。

 

六古窯・・・備前、信楽(しがらき)、常滑(とこなめ)、越前、丹羽、瀬戸

 

今井氏やその子弟たちが、縄文や平安時代の作品、加えて自然釉にこだわった作品づくりを続けています。

窖窯は長さ15mのものを囲い、先頃完成した全長103mの世界最長の登り窯には2020年に火入れすることを目指し、作陶を続けています。

 

黒石を陶芸のまちにしたい 今井理桂氏

豊岡は、岩木山が一番きれいに見え、インターも近く交通の便がよいほか、山の斜面が窯作りに最適です。
窖(あな)窯と登り窯も最高のものができ、陶器作りにも力が入っています。

現在市内に引っ越し、腰を落ち着けて、製作活動を行っていますが、これから、窯を含めた施設の充実と烏城焼の後継者育成に励みながら、黒石を陶芸のまちとして全国に発信していきたいと思います。

 

「中世陶芸の郷 烏城焼」へのアクセス

〒036-0341 黒石市大字豊岡字狼森27番地

電話番号 0172-53-3082

開館時間

10時00分~18時30分

休館日

毎週火曜日(祝日のときはその翌日)

入館料

一般 600円(500円)

小中学生 300円(200円)

※カッコ内は20名様以上の団体割引

交通

東北自動車道黒石インターより車で約5分

十和田湖休屋から車で約1時間

JR弘前駅から車で約30分