ナビゲーションスキップメニュー

感染予防対策について

まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。
具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。特に屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。

手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

感染症対策として

普段の健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

ほかの人にうつさないために

咳エチケット

咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ2mとされています)が、一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、リスクが高いです。感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

感染症対策について

ご家庭で使用されたマスク等の捨て方

新型コロナウィルス感染症等の予防対策として、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみの捨て方を工夫していただくことで、さらなる感染防止が期待できます。

マスク等の捨て方

「新しい生活様式」にご協力をお願いします

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために政府の専門家会議では「新しい生活様式」に切り替える必要があるとして、具体的な実践例を示しています。

一人ひとりが「新しい生活様式」を心がけることで、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。

あたらしいせいかつようしき

この記事への お問い合わせ
新型コロナウイルス感染症対策室
電話番号:0172-52-2111(内線:250、251)